一般歯科

みずきが丘歯科医院 HOME > 一般歯科

一般歯科

虫歯の治療、入れ歯や義歯の作製、歯周病治療、歯ぎしりの対策などのほか、さまざまな治療を行ないます。カリエス測定器、デジタル式レントゲン、炭酸ガスレーザー、咬合器、歯周病検査器など、メリットが多いと思われる機器を積極的に導入し、より良い治療のために役立てています(詳しくは院内紹介をご覧ください)。

例1:虫歯の治療

1)切削
歯を削る際には、カリエス測定器を用いて切削を必要最小限に抑え、歯の寿命を延ばすように努めています。
2)根管治療など
3~4種類の抗菌剤(または抗真菌剤)を混ぜたものを感染部に直接塗布またはセメントに混合して密封し、病原菌を効果的に排除します。
3)歯冠形成
できるだけ金属による充填(詰め物)を行なわずに、歯と同じ色の材料で充填するなど、機能性だけでなく審美性にも配慮しています。

虫歯の治療

例2:歯ぎしりの治療

就寝時における歯ぎしり(喰いしばり等)は、歯を磨耗させるだけでなく、顎関節症、歯周病の悪化、不正咬合(歯並びが悪くなる)など、様々な問題を引き起こす要因のひとつです。歯ぎしりで磨耗された歯を修復するのは大変難しいので、できれば歯ぎしり自体を防止したいところですが、就寝時に無意識に起こる現象なので患者様の努力では改善されません。そこで、患者様の歯型をもとに、プロテクションスプリント(ナイトガード)と呼ばれる就寝時装着用マウスピースを作製します。
夜、寝る時にプロテクションスプリントを付けていただけば、歯ぎしりによる磨耗を防ぎ、健康な歯を守る事ができます。

プロテクションスプリント

プロテクションスプリント

装着イメージ

装着イメージ

診療案内

このページの先頭へ